• ホーム
  • バリフは通販で購入できる?レビトラのジェネリック薬も通販でお得に

バリフは通販で購入できる?レビトラのジェネリック薬も通販でお得に

2020年01月04日
満足をする男性

ED治療薬で効果が出るまでの時間が早いのはダントツでレビトラです。レビトラは泌尿器科や男性専門クリニックで医師の診察を受ければ、処方してもらえます。しかし保険も適用されませんし、レビトラ1錠の価格も1500円ぐらいから2000円と高額です(バルデナフィルの含有量によっても左右しますし、薬価も自由診療のためクリニックによって設定が異なります)。

より安く購入したい方におすすめなのが、ジェネリック薬品を使うことです。ジェネリック薬品であれば先行薬のレビトラよりも開発品などが少なく済んでいるので、薬価もそれだけ安く手に入るというメリットがあります。代表的なジェネリック薬品がバリフですが、レビトラに配合されているバルデナフィルの含有量も同量ですし、同様の効果が得られますので安心です。

バリフは1錠あたりレビトラの5分の1程度の価格で購入できるのですが、日本の医療機関では取扱いができないことになっています。そのため手に入れるためには個人輸入という方法を使います。

個人輸入というと、難しくて複雑なイメージを持たれる方もいるかもしれません。しかし、これは個人輸入の代行業者が運営する通販サイトからの購入ということですから、実際には皆さんが普段行っている通販での行程と同じで、心配は無用です。

個人輸入サイトを利用する方は今増えています。海外処方の医薬品やサプリメント、化粧品だけではなく、日本でも処方箋が必要な医薬品も取り扱われていますので、診察を受けずに通販で購入することができるというメリットがあります。

保険も適用されないレビトラ、そして同じ効果が得られるのにその価格よりも5分の1程度で購入できるバリフは、個人輸入通販を使うと自宅や指定する場所まで届けてもらえますのでおすすめです。まとめ買いをすることで、1錠あたりの単価も安くなることが多いですし、金額によっては送料が無料で利用できる場合もあります。

医療機関を受診すれば、必ず診察料もかかりますし薬価に保険が効かないものは高くつきます。交通費も家から遠い立地の場合はそれなりにかかりますし、それら全てを含めて考えると、個人輸入通販サイトを使うメリットは大きいといえます。

信頼されているサイトを選ぶポイントは、運営年数が長いこと、サポートデスクなどが完備されていること、サイト運営会社の住所が記載されていること、薬の成分鑑定を専門の機関に依頼していることなどが挙げられます。