• ホーム
  • ED治療薬「バイアグラ」の特徴は?その効果や有効成分は?

ED治療薬「バイアグラ」の特徴は?その効果や有効成分は?

2020年03月30日

バイアグラは、1998年にアメリカのファイザー社から販売されたED治療薬です。ちなみに日本で販売され始めたのは1999年3月です。日本では最初に販売されたED治療薬ということもあり、知名度も抜群ですし、ED治療薬といえばバイアグラをイメージされる方も多いと思われます。現在では世界110カ国以上で販売されている実績もありますし、世界的にも安全性や効果も証明されていますので安心して使用することができます。

バイアグラについては、具体的な特徴や効果、有効成分について知り、ほかのED治療薬と比較してから使うのもおすすめです。バイアグラの特徴は、錠剤の形態から見ていきますと、水色のひし形で比較的大き目の作りです。他のED治療薬と比較すると大きいので飲みにくいという声もあります。

有効成分はシルデナフィルで、血管を拡張させ血流がよくなります。その作用によって勃起不全の症状を解決することができます。ちなみに服用するだけで勃起するということではなく、性的な刺激や興奮を加えると勃起効果が現れますので、刺激は必要になります。

中年以降の男性は、身体能力の低下に伴い勃起力も低下しますし、血流が悪くなっている方やストレスや精神的な影響で同様の悩みを抱えている方、また若い方でも中折れしてしまう方もいます。そんな時にバイアグラを服用すれば、勃起力と硬さも得られますし、持続力という面での効果もありますので高評価されています。

シルデナフィルの成分は服用してから30分から効き始め、1時間程度で血中濃度が最も高くなります。そのため効果を十分に引き出すためには、性行為をする1時間ほど前に服用するのがベストです。水かぬるま湯とともに服用しますが、グレープフルーツ(ジュースを含む)と飲み合わせてしまいますと、血中濃度が急激に上がってしまい、副作用が強く出ることが想定されますので注意してください。

後から開発されたED治療薬の中には、食事の影響をほとんど受けない物もありますが、バイアグラに関してはシルデナフィルが腸で吸収されて血中に取り込まれますので、空腹時でないとその吸収が阻害されてしまいます。空腹時か食後2時間を経過してから服用するようにするのもポイントです。

バイアグラの持続時間は、4~5時間ほどです。この時間内であれば性的な刺激や興奮があれば勃起できます。世界的なシェア率の高さから見ても、バイアグラは定番のED治療薬でリピーターも多いのです。